タグ:自転車 ( 213 ) タグの人気記事   

Link:
    My Photo BLOG so beautiful world
    My Interest kazz on the net

もうすぐ自転車に乗り始めて1年   

2008年5月18日にPINARELLO FP5を買ってから、1年の月日が過ぎようとしています。
たくさん時間が取れたので、年間で約1万6千キロを走りました。
いろいろな人と、いろいろな所に走りに行きました。
そんな1年を振り返って、ツーリングの記録をまとめてみました。

初ツーリングの報告
http://kazz12211.exblog.jp/8024880/
この日は静岡県の三保へ行ってから日本平に上る。
日本平のたった4.5kmの上りで22分もかかった。
今なら15分ぐらいで走れるはず。

【三浦半島一周】
http://kazz12211.exblog.jp/8101190/
初めて三浦半島を1周した日。

チビとツーリング&買い物
http://kazz12211.exblog.jp/8189576/
ラレーの小径車で100km超えのツーリング。
小径車でも意外と走れるのに驚いた。

夏休み初日はツーリング
http://kazz12211.exblog.jp/8201120/
初めての200km超え。
道志みちでバテて、乙女峠でバテて。
ヨレヨレになって帰ったのを思い出します。

二日続けてボロ雑巾
http://kazz12211.exblog.jp/8274766/
1泊で静岡へ。
行きは箱根の上りがキツくて足をつき、沼津からは気温37度の中をフラフラになって走った。
帰りは富士山のこどもの国経由で、真っ暗になって道路が見えずビビりながらの走行。
往復で330km。

「Pinarello Train in 静岡」の下見に行ってきた
http://kazz12211.exblog.jp/8305397/
熱海峠の激坂でバテて、暑さにやられた一日でした。
休んでばかりだった。

ヤビツアタック
http://kazz12211.exblog.jp/8403791/
初めてのヤビツ峠。(それ以降一度も走ってない)
すごくキツかった。

湘南ハイカロリーポタリング
http://kazz12211.exblog.jp/8426314/
自転車SNSで知り合った人と初めて一緒に走った日。
よく食べた。

4泊5日福島白河・猪苗代湖の旅
http://kazz12211.exblog.jp/8460430/
福島白河まで片道250kmの旅。
2日目と4日目が完全休養日だったので体は楽だった。
帰りの250kmはアベレージ28.9km/hという出来過ぎの記録。
充実した旅だった。

箱根・椿ラインへ
http://kazz12211.exblog.jp/8584415/
初めて椿ラインに挑戦したものの、登坂の途中で前後ともタイヤがパンク。
結局、8kmほど自転車を押して坂を下る結果に。

箱根・椿ラインへ リベンジ
http://kazz12211.exblog.jp/8589234/
前日のリベンジでした。
自宅から椿ラインの登り口である湯河原まではいいペースで走れたものの、そこからの18kmの上りは1時間30分もかかった。

美ヶ原へ遠征
http://kazz12211.exblog.jp/8605321/
オートバイでは何度も走った霧ヶ峰。
自転車でそこを走っている自分がおかしかった。
坂ばっかりで苦しかった。

300kmチャレンジ
http://kazz12211.exblog.jp/8647962/
初めての日帰り300kmツーリング。
このころはとにかく頑張って走ってたようで、120km地点までのアベレージは28.5km/hで、アップダウンを繰り返す伊豆半島での走りとしては、かなり頑張ったんだと思う。
その無理がたたって、下田に着く頃は左膝に激痛が。
その激痛を我慢しながら、残り160kmを走るのは辛かった。

しまなみ海道リベンジ
http://kazz12211.exblog.jp/8687300/
車載で行ったしまなみ海道は大雨で走れず。
そのリベンジだった。
結局、途中で雨が降ってきて、全島を走ることができなかった。

霧ヶ峰&赤蕎麦&うなぎ
http://kazz12211.exblog.jp/8761195/
諏訪から白樺湖、霧ヶ峰と走り、伊那の赤蕎麦畑を見てからうなぎを食べる。
この頃は、アウター縛りとか言って、フロントはアウター固定のまま走ってた。
家から相模湖往復と白樺湖、霧ヶ峰を全部アウターで走ったので足にきました。

よく食べてよく走った3日間
http://kazz12211.exblog.jp/8791133/
埼玉まで自走して、定峰峠へ。
この時もアウターギアだけで走ってみた。
翌日は椿ラインを上って箱根の旧道で帰る。
3日間で350kmだから、今となっては大した距離を走ったわけじゃない。

呑んで、ちょっと寝て、東京の下町へ
http://kazz12211.exblog.jp/8801406/
買ったばかりのCINELLIで荒川へ。
自転車仲間たちとの食い歩き。
この頃はCINELLIはまだフラットバー。

箱根の紅葉はもう少し
http://kazz12211.exblog.jp/8841372/
ふらっと箱根へ。
1号線で芦ノ湖に出て、そこからグダグダとアップダウンのある湖畔を走って仙石原へ。
箱根の1号線をノンストップで上ったのはこの日が初めて。

まったり自転車遊びをした3日間
http://kazz12211.exblog.jp/8867542/
1日目は椿ラインを上って三島でうなぎを食べ、2日目は西伊豆を走ってからフェリーに乗る。
3日目は自衛隊入間基地で航空ショーを見物。

彩湖へ朝駆け
http://kazz12211.exblog.jp/8880278/
荒川でのagさんの朝駆けに合流。
往復するだけで120kmもある上に集合時間が早くて疲れた。

白石峠へ
http://kazz12211.exblog.jp/8894359/
白石峠を走るために飯能まで自走して仲間と合流。
結局、白石峠は通行止めで走れなかった。

柳沢峠
http://kazz12211.exblog.jp/8907403/
奥多摩、柳沢峠、笹子峠、道志と山道ばかりをつなぎ合わせた280kmのツーリング。
寒さにやられ、夜道でコンタクトを失い、散々な目に遭ったツーリングだった。

まさかり担いだ暴れん坊
http://kazz12211.exblog.jp/8922053/
足柄峠を初めて自転車で走った日。
寒さにやられました。
箱根よりはこっちの方が走りごたえはあります。

寸又峡へ!
http://kazz12211.exblog.jp/8933890/
車を買い替えてすぐに車載して3人でキャンプをしながらサイクリング。
ところが雨が降ってしまい、ほとんど走れずじまい。

200マイルチャレンジは中断
http://kazz12211.exblog.jp/8943404/
交通事故に遭った日。
念願の日帰り200マイルチャレンジも100kmを走った時点で断念。
リハビリの日々が始まる。

キャンプツーリング【1日目】
キャンプツーリング【2日目】
http://kazz12211.exblog.jp/8965265/
http://kazz12211.exblog.jp/8970244/
昇仙峡までのキャンプツーリングにでかけた。
往復320kmほど。
本来であれば安静にしておくべきだった。
この時は、自分の体のことがよくわからず、大したことはないと思ってた。

ぐるっと南伊豆
http://kazz12211.exblog.jp/9001498/
前の晩に出発してキャンプをしてから、松崎を起点にゆっくりと南伊豆を走った。

京都・滋賀紅葉狩りツアー
http://kazz12211.exblog.jp/9032533/
車載で京都へ。
紅葉狩りを楽しんだ後、友人宅に宿泊。
翌日は琵琶湖1周を走ろうと思ったものの寒さのため断念し、ちょっとだけ琵琶湖を見ながら走った。

リハビリライド・湯治・買い物
http://kazz12211.exblog.jp/9062466/
宮が瀬まで車載し裏ヤビツをゆっくりと楽しんだ。

リハビリライド in 三浦&湘南
http://kazz12211.exblog.jp/9087636/
自転車仲間と三浦、鎌倉、茅ヶ崎を流した一日。

熱海までリハビリライド
http://kazz12211.exblog.jp/9101600/
久々に負荷をかけるリハビリをしようと思って熱海まで飛ばしてみましたが、小田原までの40kmは事故前の2km/h落ちという結果に凹みつつも、熱海まではなんとか事故前と同じレベルで走れた。
ただし事故前とは比較にならないほど疲労した。

西伊豆ジグザグツーリング
http://kazz12211.exblog.jp/9123256/
西伊豆を東西にジグザグに走る酔狂なツーリング。
戸田峠、土肥峠、仁科峠を走る。
仁科峠を登った直後に左下半身の痙攣によりリタイア。
寒さと疲労にやられました。

またまた熱海までリハビリライド
http://kazz12211.exblog.jp/9155181/
PINARELLOにKsyrium SLの組み合わせで熱海まで。
COLNAGOで走る場合に比べて少し高いアベレージでした。

絶景! 菜の花と富士
http://kazz12211.exblog.jp/9196055/
COLNAGO MasterにMavic OpenProの手組ホイールを装着してのテストライド。
特別飛ばさない普段使いにはこの組み合わせがいい。
吾妻山公園の菜の花と富士山がキレイでした。

久々の道志
http://kazz12211.exblog.jp/9206600/
友達と走った冬の道志。
ところどころ路面が凍結していて寒かった。

城ヶ島
http://kazz12211.exblog.jp/9219050/
城ヶ島までのんびりと走った一日。

伊東までのリハビリライド
http://kazz12211.exblog.jp/9245201/
負荷をかけたリハビリをしようと思って大船・伊東間をできるだけいいペースで走った。
この距離ではまあまあのレベルまで回復しているという実感はあるものの、これ以上の長距離では依然として不安が残る。

湘南グルメ&温泉ポタ
http://kazz12211.exblog.jp/9252611/
葉山から茅ヶ崎を経由して七沢温泉までののんびりツーリング。
食も温泉も楽しんだ一日。

梅と黒うどん
http://kazz12211.exblog.jp/9311983/
曽我梅林で梅を見るツーリング。

河津桜
http://kazz12211.exblog.jp/9345985/
伊豆多賀から山伏峠を越えて待ち合わせ場所の修善寺駅へ・・・と思って坂を上り始めたら山伏峠は通行止め。
仕方なく山を下り、亀石峠を越えて修善寺へ。
仲間たちと天城峠を越えて河津桜を見物してから、海沿いを走って帰宅。
事故後の最長距離のツーリングでかなり疲れました。

何をしに行ったんだか・・・
http://kazz12211.exblog.jp/9433766/
足柄峠から仙石原へ抜けるルートがあるというので走ってみようと出かけたものの、道を間違えてしまい、自転車を担いで歩きで800mも山道を登るはめに。
金時山の頂上からの景色は絶品でしたが、下りも歩いて仙石原に到着したときは完全にグロッキー。

00:01~23:57
http://kazz12211.exblog.jp/9560387/
仲間たちと大井川へ。
行きは静岡まで自走、帰りは清水から小田原まで輪行して残りを自走。
トータル330kmのツーリングでした。

お伊勢参り
http://kazz12211.exblog.jp/9622151/
念願の伊勢神宮へ。
未だ経験したこともない片道450kmのツーリングは過酷なものだった。

小室山のツツジ祭り
http://kazz12211.exblog.jp/9661642/
ツツジを見て、リハビリをして、食事と温泉を楽しんだ一日。

『日本書紀への誘い』ツーリング
http://kazz12211.exblog.jp/9679683/
石清水八幡宮で行われた浅野温子さんの5月2日の語り舞台『日本神話への誘い』を鑑賞するためのツーリング。
片道480kmはお尻の痛みに耐えられず走り切ることができなかった。
清水から浜名湖までは向かい風に悩まされ苦しい走りを強いられました。
京都で忌野清志郎さんの訃報を知り、帰りは追悼も兼ねてセンチュリーライド。

やっぱり仁科峠はキツい ~西伊豆ツーリング~
http://kazz12211.exblog.jp/9711733/
下田から南伊豆を回り、仁科峠、天城峠を越えて下田に戻るルートを走った。
何度走っても坂道は辛いと思った。
[PR]

by kazz12211 | 2009-05-14 11:24 | 自転車

Link:
    My Photo BLOG so beautiful world
    My Interest kazz on the net

昼からフラフラと   

今日は午前中にリクルーターと会う約束があり、幸い近くだったので自転車で出かけました。
話の内容は・・・・
芳しくなかったので、さっさとそのことは忘れて、フラフラっと自転車で海へ。
今日のスタイルは下はジーパンにSPDシューズ。
上はHigh Roadのサイクルジャージ。

大船の自宅から逗子→鎌倉→江ノ島→茅ヶ崎と海沿いを走ってから、国道1号線沿いに戸塚までをユルユルと。

手持ちのお金が少なかったのでお昼はチーズバーガー1個とアイスコーヒーで我慢。
(泣いてるわけじゃないです。眩しかったんです。)
d0010496_14395193.jpg

雀とときどき話をしながら・・・
d0010496_14403930.jpg

ジャージのポケットに入れて持って行った本を読みながら・・・
d0010496_14411585.jpg

まーーーーーったり。

茅ヶ崎に入ってからは海岸にある遊歩道を海を見ながらゆっくりと走る。
途中、出くわしたローディーの方とおしゃべりをしながらサザンビーチまで行って休憩する。

帰りは海から離れて茅ヶ崎駅へ。
神奈中バスのフロントに自転車が。
しっかりしたキャリアで固定されてました。
なんなの?これ。
d0010496_14433132.jpg


国道1号線に沿って戸塚まで行き、横浜ドリームランドがあったところに行ってみる。
今は横浜薬科大学の立派なキャンパスになってる。
途中、ピンクの花が咲き乱れていて、それを見て爽やかな気分になる。
d0010496_14453873.jpg
d0010496_14455158.jpg


一度、通り雨に遭遇したものの、いいタイミングでコンビニに逃げ込むことができたので濡れずに済んでラッキー。
トータル71kmの自転車散歩。
もうすぐ自転車に乗り始めて1年が経つけれど、最初のころは30km走れば汗ビッショリで満足してたのが、ふらっと散歩気分でその倍の距離を走る自分。
なんだか不思議な気分。
買い物で長く駐輪するのは躊躇するものの、ちょっと足を伸ばそうとすれば散歩感覚で100kmくらい走れちゃうロードバイクは、日常の足としても便利。
しかも終始走らせていて楽しい。
まだまだいろいろな楽しみ方を発見できそうです。
[PR]

by kazz12211 | 2009-05-13 14:52 | 自転車

Link:
    My Photo BLOG so beautiful world
    My Interest kazz on the net

やっぱり仁科峠はキツい 〜西伊豆ツーリング〜   

5月10日(日)。
agさんと西伊豆ツーリングに行きました。
朝4時半に大船の僕の家まで来てもらって、そこで僕の車に自転車を載せかえて5時に出発。
予定通り!

途中伊東でTちゃんが合流して、車2台で下田のまどが浜まで。
自転車を並べて写真を撮ったら出発です。
8時半くらいだったかな?
予定通り!
今回はagさんが3月に買ったばかりのRidley Orion、Tちゃんも買ったばかりのAnchor RFX8、僕が傷だらけのPinarello FP5。
炭素軍団ですな。
d0010496_1044543.jpg


今回のルートは、下田から伊豆半島を時計回りに走って、宇久須から仁科峠を上り、伊豆湯が島へ下ってから天城峠を越えて河津に出て下田に戻るというもの。
たぶん全部走ると135kmぐらい。

腰を痛めたTちゃんの様子を見ながら3人はゆっくりと石廊崎へ。
agさんとはオートバイツーリングの途中に何度か寄った「あいあい岬」で休憩。
気温は暑いものの晴れ渡った青い空というわけではなかったのが残念でした。
それでも南伊豆の海を眼下に臨む景色はいつものことながら絶品。
d0010496_10511714.jpg

ここは花もキレイなんです。
Pinarelloもカッコいい!
d0010496_10515212.jpg
d0010496_1052116.jpg


Tちゃんは腰に不安があるので自転車で一緒に走るのはここまで。
写真を撮ってからお別れです。
d0010496_1134347.jpg



天気予報ではこの日の伊豆の気温は27度ということでしたが、たぶん南伊豆はもう少し気温が高かったと思います。
かなり走ってて暑かったです。
ときどき日陰で休憩をしながら、アップダウンが多い道を走る。
d0010496_10543763.jpg


伊豆半島を走るとアップダウンの多さに参りますが、景色がいいのが救いですね。
雲見から松崎までは青くキレイな海を見ながら走れる。
海が好きな人にはたまらない。
d0010496_10573484.jpg
d0010496_10574598.jpg


お昼は松崎で。
車に乗り換えたTちゃんとはここで再度合流。
この後、仁科峠が待ち受けているので、ガッツリ食べて長めの休憩をすることにしました。
僕が注文したのはカツ丼の大盛り。
大盛りという言葉に相応しい量でした。
d0010496_1111293.jpg

agさんとTちゃんは「名物のカツカレー」。
Tちゃんが少し分けてくれました。
ンまかった!
d0010496_1115387.jpg


前日に葉山で昼寝したときに日焼けした足は、この日さらに日焼けを重ねて真っ赤っか!
熱くなってたので水でずっと冷やしてました。
d0010496_1131298.jpg


自転車のときはお昼に揚げ物はあまり良くないんですよねぇ。
お腹がふくれて苦しくなっちゃう。
でも、どうせ遊び。
食べたいものは食べたい。
食べたいものを食べないでどうする!
案の定、お腹が苦しくて辛かったですけどね。
まあ、お腹は、そのうち楽になるだろうということで、松崎を出発して宇久須へ。
昨年末に西伊豆を走ったときと同じように、ときどきTちゃんが写真を撮ってくれます。
d0010496_1175616.jpg


宇久須のコンビニで少し休んでから、エネルギー補給をして仁科峠に向かう。
前回、仁科峠を上ったときは、その後に左下半身が痙攣を起こして大変なことになったので、その教訓を踏まえて今回はとにかく力をセーブ。
おしゃべりしながら走れる程度に抑えて走る。
d0010496_1110715.jpg


それでもやっぱりキツいんだよなぁ。
上り始めるとすぐに10%程度の勾配が続いて、それが12%、14%とキツくなり、ひどいところはそれ以上の勾配。
インナーローでダンシングしないと進まないっていう勾配。
そうそうないですよねぇ。

僕は2度目なので、多少はキツさ加減がわかってるからいいものの、初めてここを自転車で走るagさんには大変だったでしょう。
ここを経験しておけば、大抵の坂はキツく感じないので、いい経験にはなるだろうと思って決めたルートだったけど、ちょっとキツかったかなぁ。
次に行ったときは、グイグイ登ろう!

仁科峠の手前の牧場では牛が草を食んでいる。
なかなかのどかでよろしい。
d0010496_11142433.jpg

こんな標識も家の周りじゃ見ないので、なんとなく面白い。
d0010496_11153099.jpg


仁科峠を登り切ったところで少し休憩して、伊豆湯が島まで一気に下る。
Tちゃんの運転する車に追いつかれないように、頑張って下りました。
何もしなくてもグングンとスピードが上がるような下り坂を、グイグイ漕いでさらにスピードを上げる。
調子に乗ると危ないので、ほどほどにしましたが。
結局、414号線に出る直前で追いつかれましたが、とにかくこの道は気持ちいい。
このルートはオススメですよ。
絶対に楽しい。

この後、ユルユルと天城峠を越えて河津まで一気に下る。
当初は、下田に戻ってから、温泉→晩ご飯→帰り道、という予定でしたが、ちょっと予定を変更して河津まで車で迎えに来てもらいました。
ここまでの走行距離は121km、アベレージは激遅の20km/h程度。
僕の場合は、山道ばっかりだとこんなもんです。

車に自転車を乗せて稲取温泉まで行って日帰り温泉に入り、伊東で晩ご飯。
人気のあるラーメン店だというので、そこでラーメン(大盛り)とライス(中)を食べる。
太い麺が重たかったです。
餃子も食べたかったけれど、お腹がいっぱいで入りませんでした。
d0010496_11243215.jpg


夜の空いた道をスイスイ走って大船の自宅に到着したのが21時半過ぎ。
agさんの居眠り運転を心配しながら、気持ちのいい疲労感に満たされて24時前には熟睡。
楽しかった。

やっぱり、海あり山ありカツカレーありの伊豆はいい。


あ、そういえば、今回は僕のトランスポーターHonda Air Waveが驚異的な燃費をマークしました。
西湘バイパス以外はすべて一般道を走って、往復270km走った燃費が18.6km/L。
素晴らしい!
agさんと交通費を割り勘させてもらいましたが、西湘バイパスの通行料を含めて1人1000円で伊豆へ行けちゃった。
[PR]

by kazz12211 | 2009-05-11 11:35 | 自転車

Link:
    My Photo BLOG so beautiful world
    My Interest kazz on the net

久々のいい天気   

今日は少しモヤがかかってましたが快晴でした!
いつもより早く起きてCOLNAGO Masterでお出かけ。
今日のテーマはLSD (Long Slow Distance?)。
長い距離をゆっくり走ることらしい。

ということでやってみました。
2時間走っては休みの繰り返しで小田原まで往復2回160km。
このくらいの距離だと、たっぷり休憩を取りながらでも、明るくなってから出かけて、明るいうちに帰ってこれるのが嬉しい。

でも一番やりたかったことはRicoh CX-1で写真を撮ること!
まずは茅ヶ崎でパチリ。
R134が真っ直ぐ伸びた先にドーンと富士山。
これを見ながら走れる湘南が好きです。
d0010496_20225595.jpg


そして茅ヶ崎の柳島で。
これは少し離れたところから光学7倍ズームで。
d0010496_202356100.jpg


次は茅ヶ崎の烏帽子岩の前あたりのサーフスポット。
サーファーの自転車がいっぱい停まってました。
d0010496_2025245.jpg


次は葉山の森戸神社で。
d0010496_20254658.jpg


今日は残念ながら、とある事情により食べ物写真は無しです。
でも、しっかりお昼は食べましたよ。
ガッツリと。
海風に当たっていたら、気持ちよくなって寝ちゃいました。
d0010496_2027888.jpg


そしたら日焼け。
家に帰ってお風呂に入ったらヒリヒリしました。
顔も真っ赤でした。
d0010496_20274974.jpg

[PR]

by kazz12211 | 2009-05-09 20:27 | 自転車

Link:
    My Photo BLOG so beautiful world
    My Interest kazz on the net

Mt.富士ヒルクライムの下見と新しいデジカメ   

昨日は朝早く山中湖〜河口湖へ車に自転車を積んで(前の日から積みっぱなし)でかけました。
京都ツーリングの疲れもほぼ取れて、あわよくば富士五湖の周りを走ろうと思って。

朝早くても道路は渋滞。
もう随分長い事運転というものをやっているので、渋滞を避けて走る術は知っているつもりですが、どうにこもうにも避けられない箇所というものはあるもんです。
写真は西湘バイパスのちょっと手前。
d0010496_20271068.jpg


箱根、富士、伊豆あたりならば、渋滞に悩まされずに走れる自信がありましたが、結局、西湘バイパスから箱根新道へ向かう箇所と御殿場から山中湖に抜ける途中で少しだけ渋滞に引っかかりました。

友人たちが6月7日に富士スバルラインを駆け上るヒルクライムレースに出るということで、ちょっとだけコースを下見。
坂道を見ると上りたくなるという自転車乗りさんは多いようですが、僕は疲れるし苦しいしで、坂道はいつもどうにかこうにかやり過ごすことしか考えてません。
なので、そういうレースには興味もないです。

車でスバルラインを上ってみましたが、結構休める箇所が多い印象。
勾配もそんなにキツくない。
ただ距離がちょっと長い。
競争になって、一生懸命頑張って走ったら疲れそうです。
(天気が悪くなかったら走ってみようと思ってました)

天気は生憎の雨。
5合目から眺める富士は、周りに比較するものがないので、そんなに大きく見えないですね。
ここは富士山を見るのもいいですが、2000m以上の高さから下界を眺める方が気持ちいいかもしれません。
d0010496_20334410.jpg


5合目の休憩所にはヒルクライムレースのポスターが貼られてました。
出場するみなさん頑張ってください!
d0010496_20342886.jpg



一夜明けて今日。
京都の帰りに、琵琶湖へ行く途中に段差で自転車が飛び跳ねて、フレームバッグからデジカメを落としてしまい破損。
レンズを駆動するメカと基盤が壊れたみたい。
外板も凹んだり歪んだりで修理に出したら高くつきそうな感じ。

なので思い切って新しいのを買いました。
壊れたカメラはNikon COOLPIX S600というモデルで3cmまで寄れるマクロ機能と4倍光学ズーム機能が使い易かったので、後継機種を買おうと思って藤沢にある量販店に行きました。

そこで目に留まったのがコレ。
Ricoh CX1。
画素数こそCOOLPIXの1000万画素よりも少ない900万画素ですが、CMOSセンサーの性能が良くて、反応がとてもいい。
マニュアル機能は省略されてはいるものの、非常に高機能で基本性能が高いカメラっていう感じ。
d0010496_20392898.jpg


家に帰ってきてバッテリーを充電してさっそく試し撮りしてみました。

いいわぁ、コレ。
メイン機のCanon PowerShot G9の出番がだいぶ減りそう。

自転車ツーリングやちょっとした外出の時に手軽に持って行けるセカンドカメラですが、いざ写真を撮るというときは、それなりにいい写真が撮りたいもんです。
COOLPIXよりはボディーが少し大きく携帯性は若干犠牲になりますが、これから大活躍すると思います。

カメラが壊れなければ出費はなくて済んだ。
さらに買うつもりでいたカメラより大幅に高いカメラを買ってしまった。
ダブルパンチで懐に響きましたが、ケチって後悔するよりはいいかな。

と、自分に言い聞かせてみました。
[PR]

by kazz12211 | 2009-05-06 20:43 | 写真

Link:
    My Photo BLOG so beautiful world
    My Interest kazz on the net

『日本神話への誘い』ツーリング   

京都の石清水八幡宮で行われた浅野温子さんの5月2日の語り舞台『日本神話への誘い』を鑑賞するために出かけました。

5月1日の朝5時に大船の自宅を出発。
四日市までのルートは4月に伊勢参りをしたときとほぼ同じ。

前日から両足の膝に少し痛みがありましたが休養は十分。
元気よく出発しました。
箱根から三島に下ったあたりまでの走行アベレージはお伊勢さんのときとほぼ同じ。
休憩が1回少なかったために、所要時間は30分ほど短縮できたので、まあまあ好調な滑り出し。
京都までの道のりは約480kmと伊勢神宮よりも30kmほど遠いですが、調子が良ければ24時間以内に到着するのではないかと思い、膝が痛いのも忘れて飛ばしました。
休憩のときにマッサージやアイシングをしたおかげか、清水あたりまで行ったときには膝の痛みも収まり、道も間違えずに静岡あたりまで。
調子がいいと感じるわりにはアベレージが上がらないことに気付く。
前回よりも2km/hほど遅い。
所要時間はほぼ同じだったので、深く考えずに昼食を早めに切り上げて西へ。

焼津の手前に小さな峠があるものの、しばらくはほぼ平坦な道。
休憩を少なめ&短めにしてグングン進もうとしましたが、どうにもこうにも前に進む感じがしない。
そんなのときに目に入ったのが真横に泳ぐ鯉のぼり。
視覚と三半規管は道路が平坦だと感じているのに、ゆるい上り坂を上っているようなスピードしか出ないのは、向かい風のせいでした。
焼津から御前崎までの間は遠州灘からの風がほぼ真正面から吹き付けていたので、30km/hで走っているつもりなのに20km/hしか出てない、という状態。
大井川に差し掛かったころには、バテて座り込んでしまいました。
たぶんこんな顔(・へ;)だったかも。
d0010496_2373810.jpg

結局、豊橋あたりまでず〜〜〜〜っと向かい風。
120km以上も向かい風の中を走ったのは初めて。
面食らいました。

豊橋のあたりで同じ方向に進むロードバイクを発見。
赤信号で止まったときに挨拶をして話しかけると、晩ご飯がまだだというので、近くのファミレスで一緒に食べることになりました。
d0010496_23103941.jpg

SPECIALIZEDのルーベに乗る彼は、ゴールデンウィークに名古屋の実家に帰るところ。
晩ご飯を食べながら自転車談義に花を咲かせました。

夕食が長めの休憩になったので、向かい風でバテた体も元気を取り戻し、名古屋までは絶好調。
岡崎を過ぎるとトラックが増えてきて、国道1号線を自転車で走るのは恐怖です。
ほとんどのトラッカーは追い抜く時に大きく右車線側に避けてくれたり、スピードを落としてくれるんですが、中には50cm横を80km/hぐらいで追い抜いて行くトラックもちらほら。
なんとかならないかなぁ。

道も間違えずに順調に名古屋を通過しましたが、前回と同様にお尻が痛み出す。
前回は400km地点でしたが、今回は350km地点でした。
痛くてサドルに座れないので、ここからはずっと立ち漕ぎ。
そしてサイコンの距離計が380kmを表示したときに力つきました。
道ばたに横になって疲れが取れるのを待っている間に朝の5時を迎え、寒さに我慢ができずに近くのファミレスに飛び込む。
100kmを残してリタイヤです。

悔しかったけれど、立ち漕ぎで100kmを走るのは無理だと思い諦めました。
諦めたと言っても『日本神話への誘い』はどうしても観たい。
幸い数kmのところに近鉄の駅があったので、近所のコンビニでゴミ袋を買って輪行で京都まで行くことにしました。
d0010496_23214081.jpg


前後のホイールを外して、突起物や脂で汚れた部分をゴミ袋で覆い、ホイールもゴミ袋で包む。
JRだとホイールはむき出しでも何も言われないようですが、私鉄の場合はホイールもカバーするように言われることが多いようです。
初めてのゴミ袋輪行が経験できたのはマルです!

近鉄の特急を2回乗り換えて京都に着いたのは9時。
ゴールデンウィークの人出でごった返す京都駅の中を、四日市市指定ゴミ袋でカバーした自転車を持って歩くのはかなり恥ずかしい。

京都駅の隣りの駅で京阪電車に乗り換えて、石清水八幡宮がある八幡市で降りて昼食。
この親子丼は絶品でした。
今までに食べた親子丼の中でも最高の美味さ。
2杯食べたくなるほど!
d0010496_2328781.jpg


石清水八幡宮は山の上にあって、そこまでの道は激坂です。
この頃になると寝不足からくる疲れで元気もなくヘロヘロになりながら坂を上りました。
八幡宮についてすぐに当日券を手に入れ、冷たいお茶を飲んで、木陰に横になって昼寝。
d0010496_2331749.jpg
d0010496_2331196.jpg

COLNAGO Masterも同じように木陰で横になって昼寝です。
d0010496_23312972.jpg


語り舞台は感動しましたよ。
パーカッションとバイオリンが奏でるBGMが、鬼気迫る浅野さんの語りと絡み合う。
演目は『ヤマタのおろち 〜スサノオの悔恨と成長〜』と『はちまんさま』。
子供のころ絵本で読んだ『ヤマタのおろち』。
すごく好きな物語でした。
最近の子供はあまり読む機会がないみたいですが、浅野さんが「私たち日本人は、何に怒り、何に哀しみ、何に喜んできたのか。神話を通して、日本人ならではの情を伝えていければ」と言うように、子供たちには古事記にある数々のドラマを読んで欲しいと思います。
親子や兄弟の情愛とスペクタクルに満ちた日本の物語。
もし読んだことがないなら、是非読んでみてください。
今年は東京の松陰神社でも公演があります。
詳しくは
こちら(http://kataributai-nihonshinwa.com/info/info_01.html)を

19時頃に公演が終わり、京都に住むバイク友達のライスくんに会いに京都駅へ。
当初の計画では、公演が終わり夕食を済ませたらトンボ帰りする予定でしたが、とてもじゃないがお尻が痛くて走れそうにないので諦めました。

四日市から電車に乗るときには持って行ったジーパンに履き替えたんですが、ジーパンだとお尻が痛くない。
前回の伊勢同様、アソスのビブショーツをはいて行きました。
伊勢のときはサドルが前傾になっていたのが良くないと思って、帰りにサドルを調整したらお尻の痛みが我慢できたので、サドルのせいだと思っていましたが、どうも痛みの原因はアソスのパッドみたい。
以前、福島に行ったときも擦れて脚の付け根が痛くなりましたが、痛みが出たときはいつもアソスでした。
アソスのパッドが合わないのかもしれません。

石清水八幡宮から京都まで1時間くらいかかると聞いていましたが、ジーパンで走り出すとお尻の痛みがまったく気にならず、いいペースで走れる。
たぶん45分くらいで着いたと思います。

京都タワーの下でライスくんと待ち合わせをして、ライスくんに案内されて彼の自宅近くにある雰囲気のいいカフェみたいなお店でビールやカクテルを飲む。
d0010496_23512888.jpg
d0010496_23513923.jpg
d0010496_23514910.jpg

23時過ぎまで飲みながらおしゃべりをし、その後、ライスくんのアパートに泊めてもらう。
一日の疲れがどっと出て、床に入るとすぐに爆睡。
気持ち良かった。
ここまでの走行距離は404kmでした。

5月3日の朝。
6時半起床。
ライスくんは仕事なので、アパート前で別れ一人京都駅に向かう。
さっさと輪行して帰ろうと思っていましたが、京都駅に着いたときに気が変わる。
走り足りない。

京都まで来たんだから、せめて琵琶湖ぐらいは見て行こうと、比叡山側から琵琶湖に出て少し琵琶湖を眺めて、大津から国道1号を東へ。
どうせだから米原あたりまで走ってみようと思い国道1号から国道8号へ。
で、やっぱり、もう一度琵琶湖を見たいと思って、安土で国道8号を左折して琵琶湖へ。
この辺りは田んぼがたくさんあって、なんとも言えない雰囲気。
子供のころは家の周りにたくさん田んぼがあったので、田んぼを見ると懐かしい気持ちになります。
d0010496_014570.jpg


天気は薄曇りで、琵琶湖の景色はあまり良くなかった。
d0010496_031792.jpg

写真を撮った場所で、京都から自転車でやってきたという年配の女性とおしゃべり。
琵琶湖は北側と南側で湖の表情がだいぶ違うという。
いずれ琵琶湖は1周しないといけないですね。
いつ行こうかな?
自走で行くとすると往復800kmで琵琶湖1周が200km。
3日あればなんとかなるか・・・・

帰りが遅くなると困るので、自転車の女性にお別れを言い米原駅へ。
上りの新幹線『こだま』は絶対に空いてると思っていました。
大当たり!
しかも車両は新しいタイプで快適。
d0010496_082340.jpg

3列シートを一人で使い、シートの後ろのスペースに自転車が置ける。
東海道新幹線で輪行するときは、空いていることが多い『こだま』に限ります。
d0010496_093710.jpg

16:28の『こだま』に乗り、19:00過ぎに小田原で降りる。
小田原城を見ると、大船の自宅まで40kmあるのに、もう家に着いたような気分になります。
d0010496_0131418.jpg

新幹線の中で休めたおかげで元気いっぱい。
国府津で取った20分の休憩時間を含めて、自宅まで1時間55分。
所要時間で見れば、ほぼこれまでの最速タイム。
気分よく走れました。

この日の走行は179km。
トータルで583kmの京都への旅。
当初予定していた内容に比べると物足りない感じではありますが、一番の目的である『日本神話への誘い』を鑑賞することができた。
いい旅でした。
[PR]

by kazz12211 | 2009-05-04 00:17 | 自転車

Link:
    My Photo BLOG so beautiful world
    My Interest kazz on the net

小室山のツツジ祭り   

今日は自転車仲間のTさんが、小室山公園のツツジ祭りを見に行くというので便乗させてもらいました。

伊東の道の駅に10時待ち合わせ。
今日の相棒はPINARELLO FP5くん。
カッコいいです!(笑)
d0010496_20512213.jpg


CINELLI、COLNAGO、PINARELLOは、それぞれ街乗り、ショートツーリング&峠、ロングツーリングと使い分けていますが、せっかく3台あるので複数のポジションをチェックするのに活用しない手はありません。
CINALLIはクランクの軸からサドル上面まで680mm、COLNAGOは685mm、PINARELLOは690mm。
ハンドルの高さはCINELLI、COLNAGO、PINARELLOの順にアグレッシブになってます。
本来ならベストポジションを見つけて3台とも同じにするのがいいんでしょうけど、COLNAGOを買う時にショップで合わせてもらったポジションがどうもしっくりきません。
なので今だにいいポジションが見つからずに悩んでいます。

ツツジ祭りを見るのが一番の目的ですが、もう一つの目的はリハビリ。
今日はウォームアップ、ハイペース、クールダウン、アフターケアという一連のメニューをやろうと思っていました。
2日後には京都まで走る体なので疲れを残さないように慎重に走りました。


さて小室山のツツジ祭り。
初めて見ましたが見事でした。
d0010496_2113993.jpg
d0010496_2114754.jpg

なだらかな斜面一面に咲いたツツジ。
肉眼でもっと広い視野で見るとさらに見事に見えると思います。
GW中であれば満開のツツジが見られると思うので是非出かけてみてください。

ツツジを堪能した後は、海が見たいという僕のリクエストに応えてTさんが富戸から城ヶ崎までのコースを案内してくれました。
この辺りは上ったり下ったりを繰り返すかったるい道が多いんですが、時間に余裕があったのでノンビリと景色を見ながら走りました。
人も車も少なくてなかなかいい道でした。

その後Tさんおすすめのトンカツ屋さんでガッツリ食べてから、いい温泉に連れて行ってもらいました。
d0010496_21101149.jpg

小田原から伊東までの海沿いのルートは、上ったり下ったりを何度も繰り返すので、そこをハイペース区間に設定したために筋肉を酷使。
温泉では、洗い場で冷たい水で火照った筋肉を冷やしてから、何度かお湯に浸かってマッサージとストレッチをしっかりやりました。
写真は入浴後の満足した僕。
d0010496_21102259.jpg


運動後にしっかりとしたケアをすると、明らかに疲労感が違いますね。
この後、喫茶店で軽食を食べてのんびりしたこともあって、伊東駅から電車に乗ったときには体が楽でした。
電車の中でビールを飲んで少しだけウトウト。
d0010496_21154562.jpg

帰宅したときはほとんど疲労感がありませんでした。

感覚的には正常時の80%程度までは回復しているように思います。
今後も毎回いろいろな工夫や実験をしながら、残りの20%を秋までに取り戻そうと思います。

今日のツーリングは、目も胃も心も満たされた132kmのショートツーリングでした。
[PR]

by kazz12211 | 2009-04-29 21:16 | 自転車

Link:
    My Photo BLOG so beautiful world
    My Interest kazz on the net

よっしゃー!準備完了!   

明日から5月6日までのGW期間はたくさん走れそう!

PINARELLOとCOLNAGOは整備済み。

04/29 伊豆ツツジツーリング 130kmほど
   (帰りは疲れを残さないために輪行)
05/01 京都「日本神話へのいざない」ツーリング 480km
05/02 京都からの帰り 480km
05/03 休み(05/02の予備)
05/04 休み
05/05 富士五湖&スバルライン 120km
05/06 猪苗代湖・裏磐梯 150km

GWの走行距離は1400km近い。
僕的には前代未聞です。
京都の帰りは最悪2日かけることになるかも。
05/07は自転車通勤の予定だけど大丈夫か?


「日本神話への誘い」は浅野温子さんの語り舞台。
古事記を読み語る舞台です。
僕が観るのは公演は石清水八幡宮で行われる第一公演で、演目は『はちまんさま』と『ヤマタのおおち〜スサノオの悔恨と成長〜』
ヤマタのおろちとスサノオノミコトの話は子供の頃絵本で読んで親しんだ話で、今から楽しみで仕方ない。

『古事記』とは

「古事記(こじき・ふることぶみ)」とは和銅5年(712)に完成したとされる日本最古の歴史文学書です。日本神話のもととされており、日本の各地に伝わっていた神話、伝説を書物としてまとめたもので日本の風土、自然観をよくあらわしています。自然に恵まれた日本は、豊かな環境の中、日本人の豊かなこころを表現しています。

奈良時代の初期、記憶力の優れていた舎人(とねり)の稗田阿礼(ひえだのあれ)が口伝えで読み習わしていた天武天皇の「勅語の旧辞」を元明天皇が太安万侶(おおのやすまろ)に書き留めさせたと言われています。古事記の最大の特徴は、漢字をもちいて、古代の日本語をそのまま記録している所にあります。当時は「かな」がなかったため、漢字の音を連ねて日本語の発音を表しています。そのため古事記の本文を音読するとリズミカルなのです。

ちなみに「かな」がなかったために、当時の発音に漢字を当てはめるというのは、もの凄い知的な作業なんですよ。
暴走族がよくやる「夜露死苦」みたいな当て字とは違って、言葉の持つ意味を表現する漢字を選び抜いて当てて行くという作業は、現代の日本語から英語への翻訳なんかよりもず〜〜〜っと難しい作業。
そういう作業の結果生まれた古事記という偉業を、現代の女優が生涯をかけて日本中の神社で語りたいという。
面白くないわけがない。

同じ時期に編纂された『日本書紀』もありますが、『古事記』が国内向けに書かれた伝説・神話なのに対して『日本書紀』は海外に向けて書かれた歴史書です。
読んで面白いのは『古事記』の方かな。

時間がある人は是非、この語り舞台に足を運び、絵本や漫画でもいいから日本神話に触れて欲しいと思います。
[PR]

by kazz12211 | 2009-04-28 20:47 | 自転車

Link:
    My Photo BLOG so beautiful world
    My Interest kazz on the net

お伊勢参り   

念願叶ってお伊勢参りができました。

今回のレポートは長いですが勘弁してください。

4月18日の朝5時に大船の自宅を出発し、425kmを24時間以内で走って伊勢神宮に到着するのが目標。
ルートはだいたいこんな感じ。
d0010496_11364453.jpg


この「だいたい」っていうのが曲者で、静岡の安倍川の先はほとんど走ったことがないので、実はかなり不安でした。

今回は90分おきに休憩して、補給、マッサージ、ストレッチをしながら走るという作戦。
作戦っていうほどのものじゃないんだけど。

もう少し細かく書くと、

90分のうち、最初の15〜30分はゆっくり走ってウォームアップ。
補給の効果は30分くらいして実感できるので、それまでは飛ばさない。
30分〜1時間の間は、できるだけ速いペースを維持する。
休憩前の15分は、何を食べようかを考えながらスピードダウン。
これを淡々と繰り返して、休憩時にはしっかりとマッサージとストレッチをして、次の90分に備える。

と思ってても、だいたい中盤からガタガタになるんですけどね(笑)

本来なら、出発前に家で朝食を摂るべきなんでしょうが、早起きが苦手なので、いつも起きるのは出発の直前。
前の晩から寝ないで行くという必殺技も、今回のような長旅では通用しないのはわかっていたので、0時には眠って4時半に起床。
ぴったり5時に出発する。

ヘルメットを忘れて家に戻ったりしてちょっとドタバタしましたが、ほぼ予定通りの出発でした。

朝ご飯は家を出て10km地点のコンビニ。
相変わらず上りは使い物にならないほど遅いのでゆっくり箱根の坂を上り、R1最高地点に着いたのが8時半ごろです。
霧雨が降っていて気温も低く寒い。
d0010496_11453880.jpg


ここで最初の問題。
右膝が痛い。
たぶん冷えたのが原因。
激痛というほどでもなかったので、我慢して三島へ下る。
上りで失った時間を取り戻そうと、箱根峠から下りの20kmは思い切り行く。
ウィンドブレーカーの風の抵抗があって思うようにスピードが伸びないものの、アウタートップで90rpm〜120rpmの間をキープして飛ばす。

三島(80km地点)でサイコンを見るとアベレージは22km/h台。
事故の日はここまでのアベレージが27km/hだったことを考えると激遅。
どんだけ上りが遅いの?って感じで、膝の痛みもあって落胆しながら100km地点にあったコンビニで休憩。
しっかりストレッチとマッサージをして膝を楽にしてやる。

沼津から静岡までは、前回の大井川ツーリングの時に通ったので、だいたい道はわかる。
安心してアベレージを上げるように淡々と走る。
清水からはR150へ。
ところがここでミスコース。
同じ所をグルグル回って大幅に時間をロス。
中途半端に知ってる道では、よくこういうことをやる。

なんとかR150に出て、海を見ながらグイグイ走って安倍川を渡ったところでお昼。
時刻は12時半。
ここまでにアベレージを26km/h台まで回復したものの、予定より1時間ほど遅れてる。
お昼はエネルギーに早く変わるものにしようと思ってパスタにしました。
トマトとチーズのサラダがサイドディッシュ。
d0010496_11581025.jpg
d0010496_11581923.jpg


この辺りから、なんとな〜〜〜く、頑張っても予定通りには走れないかな〜〜〜〜なんて思い始める。
そうなると人間はダメなもんで、補給の作戦も走り方もめちゃくちゃになる。

次の休憩は牧之原。
sano-yさんにメールしたら、休憩しているコンビニまで快速車で駆けつけてくれた。
家のすぐ近くだったみたい。
缶コーヒーをごちそうになり、15分ほどおしゃべりしてから出発。
ごちそうさまでした。
d0010496_1234447.jpg


浜名湖に着いたのが18:30。
どうせ予定通りじゃないからと、半分諦めモードで写真を撮りながらウロウロ。
レースをやってる訳じゃないし、せっかくのキレイな景色だから、旅の写真を撮らないのももったいない、と開き直った。
d0010496_127158.jpg


陽も落ちて暗い上に、この先は道もよくわからない。
R1を走ってればなんとかなると思って、あまり深く考えずに走り、静岡と愛知の県境にある定食屋さんに着いたのが19時。
とんかつ定食を大盛りで注文。
あさりのみそ汁のお椀が大きいのにびっくり。
d0010496_12115878.jpg


お客さんが僕一人だったので、気さくなおばちゃんとおしゃべりしながら、座敷で脚を伸ばしてストレッチとマッサージ。
「どこまで?」と聞かれて「お伊勢さんまで」と答え、「どこから?」と聞かれて「鎌倉の近くから」と答えたら、ニヤニヤ笑ってあきれ顔。
「若くていいわねぇ、大学生?」って言われ、内心「お世辞かい?!」って思いながら本当の年を言ったらビックリしてた。
いくらなんでも大学生には見えないよねぇ。

晩ご飯を食べてから小さな峠を越えると愛知県。
四日市からR23で伊勢に向かうので、ひょっとすると早めにR23に入った方が速いかもしれない。
地図を見てもなんとな〜く、その方が近い感じがする。
ここまでに、予定よりも30km余計に走っているので、少しでも楽をしたい。
そんな想いがあったので、岡崎の先からR23に入ってみる。

ところがこれが、たぶん、失敗。
自転車が通れない箇所が何度もあって、迂回したり、歩いて自転車を押したり、元に戻ったりでイライラする。
結局、ちっとも楽をできなかったみたい。
自宅から300kmを走った時点でアベレージは26.5km/hに落ちてきた。

気を取り直してR1に一旦戻り、名古屋港のあたりから再びR23へ。
もう、岡崎からはどこをどう走ったのかわかりません。
うっかり高速道路みたいな一般道(自転車通行不可って書いてない)を走って、高速で飛ばしてるトラックに怯え、測道を走って線路や川を渡れなくてUターンをする。
時々止まって携帯で地図を見ては自分の位置と向きを確認する。
そんなこんなで四日市を通過したのが2:30頃。
d0010496_12235480.jpg


晩ご飯で食べたとんかつがいけなかったのか、意味のない補給で食べ過ぎたのがいけなかったのか、0時頃からしゃっくりが止まらなくなり、赤信号で停まるたびに恥ずかしい思いをする。
5時までに残り2時間というところで、今度はお尻に痛みが走り、サドルに座れない。
眠いのを我慢しながら、周りの交通に注意を払い、ひたすら走って迎えた朝5時。
ちょうどマクドナルドがあったので、フィレオフィッシュのセットを注文して休憩。
ここまでの走行距離が427.72kmでアベレージは25.7km/h。

計画通りなら伊勢に着いてるじゃん!

マクドナルドでは、いつのまにか居眠りをしてました。
1時間くらい寝たようです。

もうここまで来れば伊勢は目前。
相変わらずお尻が痛いので立ち漕ぎのままヨロヨロ走ってR23を伊勢に向かう。
帰りに気がついたんですが、COLNAGOのサドルが少し前下がりになっていて、お尻の落ち着きが悪かったのがお尻が擦れる原因だったみたいです。

伊勢の外宮に着いたのは9時過ぎ。
ここまでの走行距離は450km。
アベレージもじわじわと落ちていく。
内宮はここから5km近く離れているので、計画した425kmに比べて30km余計に走った計算。
d0010496_1235020.jpg


外宮には、豊受大御神(とようけおおみかみ)がお祀りされています。
名前の「うけ」とは食物のことで、豊受大御神(とようけのおおみかみ)は食物・穀物を司る神。このことより、衣食住、ひろく産業の守護神としてあがめられています。
ここでは日々お腹いっぱいにご飯を食べられることを感謝しました。
d0010496_12381322.jpg
d0010496_12382947.jpg


ここから4kmちょっと離れた内宮は天照大御神がお祀りされています。
最高神というだけあって、こっちは参拝者が多く、駐車場待ちの車の列はいつまでもなくならない。
そんな様子を横目で見ながらスイスイと内宮へ。
d0010496_12411397.jpg

広い神社の敷地を歩いて天照大御神がお祀りされている正宮へ。
これがスゴいなぁ。
圧巻というか圧倒されるというか。
目には見えないんだけど「確かにそこにいる」という感じがして、体の中から何かがこみ上げてくる。
d0010496_12432090.jpg

思い出すだけで涙が出てくる。これホント。
なんなんだろ?この感覚。
きっとまたここには行くと思う。

自然を大切にして、自然と共に生きてきた日本人の思想や精神が、1500年2000年という昔から今まで延々と続いてきたという歴史が凝縮されて、この神宮というところにあるわけ。
これがスゴいんだと思う。

来て良かったと心底思いました。


計画ではこの後、天岩戸を見学して鳥羽からフェリーに乗るつもりでしたが、お尻の痛みが悪化したら困ると思ったので、無理をせず直接鳥羽港を目指しました。
後半の走行に備えて立ち漕ぎを続けるのは辛かったけれど、途中で気晴らしをしたり休憩をしたりしてなんとかしのぐ。

苦しいときは美味しいモノを食べるのがいいですね。
鳥羽へ行く途中で見つけた豚まんのお店で、具がギッシリ詰まって重い豚まんとソフトクリームを食べました。
どちらも激ウマでした。
d0010496_12533016.jpg
d0010496_12534293.jpg


この辺りは真珠の産地ということもあって海がキレイ。
そんな景色を見ていると、ほんの少しですが、お尻の痛みも忘れます。
そんなこんなで鳥羽港に着いたのは12時を少し回った頃。
COLNAGO Master、めちゃめちゃカッコいいでしょ?(笑)
d0010496_12545737.jpg


お昼は港の近くの小さな食堂でエビの天ぷら定食。
この定食は量が多過ぎですから。
1500円では安い。
d0010496_1258166.jpg
d0010496_12581330.jpg
d0010496_12582367.jpg

大食いの人はご飯のお替わり可です。
もちろん僕はお替わりなしでした。

鳥羽から伊良湖まではフェリーで1時間弱。
お昼に食べた量が多かったのでしばらく休んでから、14:10発のフェリーに乗りました。
d0010496_1314119.jpg

そしてフェリーの中で30分ほどうとうとして目が覚めたらもう伊良湖。
楽でいいなぁ。

伊良湖からR42を走って浜名湖へ。
お尻の痛みは相変わらずでしたが、あと70km程度なので我慢することにし、サドルを少し調整して走り出す。
R42とそれに並行して走る自転車道はどちらも景色がいい。
d0010496_1343491.jpg

景色はいいんだけど、アップダウンが多くずっと向かい風でかったるい道です。
疲れてるときはあんまり走りたくない。
体力的にもお尻的にもあんまり飛ばせないので、開き直ってのんびり走ることにして、停まったり走ったり、写真を撮ったり食べたりののんびり走行。
d0010496_1363496.jpg


浜松駅に着いたのは19時頃。
輪行袋に自転車を収納して、新幹線ホームでビールとおつまみを買う。
d0010496_137664.jpg
d0010496_1371859.jpg

新幹線が来る前からグイグイとビールと飲んでフラフラ。
いい気分でした。

20:19発の「こだま」に乗り、小田原で東海道線に乗り換え、大船に着いたのは22時頃。

総走行距離は552km、アベレージは24.8km/h。
24時間で427kmを走ったのは今までで最長です。
リハビリの途中なので、無理をしてペースを上げるとか、坂をグイグイ上るとか、速い走り方というのができませんが、それなりに走ればなんとかなるもんだなぁと思いました。
お尻が痛くならなくて、道にも迷わなくて、補給も上手くできれば、さらに長い距離も走れそうです。
結果としては、今回の内容は、これはこれで精一杯だったと思うけれど、可能性としては1日でさらに100kmくらいは長く走れそうな気もします。
あくまでも可能性ですけどね。

今回は日本人としての自分の存在というものを強く意識できました。
今度はもっとゆっくりと神々の住む杜を味わいたいと思います。
COLNAGO Masterの良さも再認識できました。
レーシングバイクの血統を持つMasterはコーナリングがシャープで攻めようという気にさせてくれる。
優しい乗り心地は遠くへ行こうという気持ちにさせてくれます。

反省点は多々あるものの、幸せな2日間でした。
[PR]

by kazz12211 | 2009-04-20 13:17 | 自転車

Link:
    My Photo BLOG so beautiful world
    My Interest kazz on the net

ふらふら〜〜〜〜っと   

今日は仕事がない日。
毎週火曜日と木曜日は整骨院で治療を受けてます。
今日も午後一番で整骨院へ行って治療を受けました。

土曜日の早朝に伊勢に出発するので、整骨院へ行く前にカーボローディング。
パスタ600g、チーズ200g、たまねぎ半分、じゃいも1個をピザのようにオーブンで調理。
それをおかずに丼飯です。
ビタミンはサプリで補いました。
総重量1kg。
食べられるとは思っていませんでしたが、案外すんなりと胃袋の中へ。
d0010496_142128.jpg


今日は暖かかったので半袖のサイクルジャージ1枚。
伊勢に乗って行くCOLNAGO Masterのポジションをチェックし、買ったばかりのSIDIのシューズを馴染ませるために、COLNAGOで整骨院へ。
d0010496_172921.jpg

貧相な体つきだなぁ。
でも、脱ぐとすごいのよ。(嘘)

整骨院ではいつものマッサージ治療。
d0010496_183616.jpg

昨日自転車通勤したこともあって、あっちこっちの筋肉がパンパンで悲鳴を上げながらの治療でした。
お昼に食べたものが口から出なくて良かったです。
脚をかばうから上半身に力が入る、左腕(事故の際に落下した部位)をかばうから肩の筋肉が張る。
そんなこんなで体中が痛いです。
それでも少しずつ快方に向かっているのは確かなので気長にリハビリを続けようと思います。

天気が良かったので治療が終わってから、ふらふら〜〜〜〜っと江ノ島へ。
雨が降るという予報でしたが、そのせいか幾分空気が湿っている感じで、風に当たっていると冷たく感じました。
d0010496_1122255.jpg


今週は疲れをためたくないので、とにかく力を抜いてゆ〜〜〜っくりペダルを回す。
気持ちいいことこの上ないって感じ。
喉が渇いたので、久しぶりに江ノ島のモスバーガーへ。
d0010496_115304.jpg

テラス席に座って、買ったばかりのGuitar Magazineを読んでまったりする。
Al DiMeolaの特集記事があったので買ったGuitar Magazine。
最近彼が使っているギターは派手ですねぇ。
PRSのレインボーカラー。
d0010496_1163983.jpg

最近までPRSのModern Eagleを使ってたと思いましたが、今度はこれなんですねぇ。
トレモロアームが着いてますが、Al DiMeolaにトレモロアームというのは違和感があります。
しかもこのタイプのブリッジはミュートしにくいので違和感は増します。

COLNAGOのポジションチェックとシューズの慣らしをするにはある程度の距離を走った方がいい。
ということで、小田原を目指しました。
ジーパンだと速くペダルを回しにくいのでスピードは控え目。
時々止まって写真を撮ったり景色を眺めたり。
写真は大磯港と先日火事で焼けた旧吉田茂邸の前で撮ったもの。
d0010496_123189.jpg
d0010496_123118.jpg

陽が落ち始めていて少し寒かった。
薄着で行ったことを軽く後悔しつつ、走れば暑くなるだろうと小田原を目指す。

小田原に着いたときには日も暮れて真っ暗でしたが、しばらく駅の周りをウロウロ走って商店街を眺めたり人間ウォッチングをしたりする。
小田原城が静かで良かったです。
落ち着く〜〜〜〜って感じ。
できれば桜が満開の時に来たかった。
d0010496_127447.jpg


お昼はパスタ中心だったのでお腹が空くのも速い。
晩ご飯は早川でお気に入りの店でらーめんを食べる。
d0010496_1283448.jpg

例によってスープ代わりのラーメンとおかずの餃子に主食のチャーハン。
d0010496_1301420.jpg


帰りは向かい風と戦いながらそこそこのペースで走る。
行きのアベレージが22km/hで帰りのアベレージは26km/h。
茅ヶ崎でコンビニ寄って食後のおやつを食べてから、行きと同じルートを戻って帰宅。
d0010496_1323144.jpg


COLNAGOのポジションは良さそう。
SIDIのシューズも問題なし。

走行距離は105km。
少し寒かったけれど、気持ちよく過ごせた一日でした。
[PR]

by kazz12211 | 2009-04-17 01:32 | 自転車

Link:
    My Photo BLOG so beautiful world
    My Interest kazz on the net