アニバーサリーライドは延期(または中止)   

自転車に乗り始めてそろそろ一年。
一つ前の記事でこの一年を振り返ってみましたが、天気が良ければ、少し遠くへ、そして少しキツいアニバーサリーライドをしようと思って、昨夜は早く床につきました。
朝4時に目が覚めて天気予報を見たら、行こうと思っていたところの天気が良くない。
ああ、ダメだと思って二度寝しちゃいました。
6時頃に目が覚めて、近場なら天気が持ちそうだし、多少濡れても楽に帰れると思って、そそくさと仕度をして出かけることに。

坂嫌いなので、ついついキツそうな山道は避けてしまいますが、そんな道も一度は走ってみたい。
ということで考えたルートは、箱根の旧道(未経験)を上り、芦ノ湖畔を走って仙石原(経験済み)に出て、長尾峠(未経験)を上って御殿場へ。
そして足柄駅から足柄峠(未経験)を上り、さらに金時山(未経験)を越えてから、明星が岳(未経験)の麓を走り久野から小田原へ出て帰宅。
距離にして200km弱で、登坂標高は3000mくらいだと予想。

前日にPINARELLOのホイールをノーマルに戻し、いそいそと出かけたのはいいものの、サイコンが動かないことに気付く。
スピードセンサーのマグネットが着いてなかった。
急いで家に戻って、COLNAGOのホイールからマグネットを外して装着し出直す。

小田原まではいい調子で飛ばす。
ノーマルホイールも巡航性能は悪くないし、乗り心地もソフトでなかなかいい。
これで十分じゃないかって思える。
そんなことを考えながら、小田原のコンビニで最初の休憩。
和洋折衷です。
d0010496_191032.jpg

ここで出発するときのドタバタで大事なものを忘れているのに気付く。

ヘルメット(>_<)


気を取り直して、マッサージとストレッチを念入りにやってから、まずは前菜の箱根旧道へ。
結構キツいですね、ここ。
1号線を上るより少しキツい感じ。
畑宿までがダラダラと上りでかったるくて、その後は10%勾配が連発してかったるい。
霧雨が降ったり止んだりの中を息が切れない程度のスローペースで上がって行く。
勾配が緩くなると「お玉が池」。
ここは静かで鳥のさえずりがよく聞こえて心地いい場所。
d0010496_1914071.jpg

奉公先から実家へ帰ろうとしたお玉という娘さんが、手形がないために関所を通らずに裏山を行こうとしたところ見つかって処刑されたそうです。
そのお玉さんの首を洗ったのがこの池らしい。
お玉さんも、鳥のさえずりに耳を澄ましていたんでしょうか?
それどころじゃなかったかな?

お玉が池を過ぎてちょっと下れば芦ノ湖。
今にもザーっときそうな雲が心配でした。
d0010496_19185123.jpg

降られる前に少しでも先に行こうと思って、芦ノ湖畔を仙石原方面へ走り出す。
この道もダラダラ上ったり下ったりでなんとなくかったるい。
あんまり好きじゃないです。

イヤだなぁと思いながら走っていると目に飛び込んで来たのは、ツツジが満開の花月園の庭園。
見事でした。
d0010496_19205185.jpg

ここから先はシャーっと下って仙石原。
ここは気持ちいい。
好き。

お昼は短く済ませたかったので、近くのコンビニでカップラーメンとおにぎり。
とりあえずお腹がふくれて、塩気が取れて、体が暖まればいいやって感じ。
d0010496_1925861.jpg


雨がしとしと降ってきて体は濡れて冷えきってました。
手先や足先もピリピリする。
もっと降ってきたら帰るのが大変になりそうだったので、長尾峠と足柄峠&金時山はパスして、明星が岳から久野に抜けることにして出発。
強羅の手前を左折して細い山道を上って行く。
ここは勾配がゆるいから楽々走れていい。

そして下りに差し掛かって、シャーーーーーっと行ったらドンッ!(>_<)
キャッツアイに乗り上げて前輪をパンク。
一瞬で空気が抜けました。
ささっと予備のチューブに交換して空気を入れて出発。
慣れているので楽勝です。
d0010496_19302595.jpg


何箇所かあるキャッツアイに乗らないように注意しながら、再びシャーーーーーーー!
箱根1号線の抜け道になっているので、けっこう車が通るものの、真っ直ぐに伸びる植林された木が並ぶ景色はなかなかいい。
ここ好きです。
d0010496_1932393.jpg


写真を撮って、深呼吸をして、さて帰ろうと自転車にまたがってすぐ、後輪が滑ってしまう。
後輪もパンクしてました。
d0010496_1936029.jpg

予備のチューブはすでに使ってなくなりましたが、幸いパッチキットが少し残っていたのでパンク修理をすることにする。
空気が漏れている箇所を探してパッチを張って、パッチが乾くのを待って空気を充填して、再びシャーーーーーーー!
でも、しばらく走るとまた空気が抜けてしまい、もう一度チューブを取り出してチェック。
結局、キャッツアイにヒットした部分にグルっと穴が数カ所空いてました。
d0010496_19354397.jpg


スピードが出ている下りでパンクすると怖いです。
シャーーーーーとか喜んでる場合じゃない。

空気圧は少し低めにして、なるべくタイヤを刺激しないように、ゆっくり走って帰宅。
家に着いたときはちょっとホッとしました。

そんな148kmのショートツーリング。
楽しかった。
[PR]

by kazz12211 | 2009-05-16 19:42 | 自転車

Link:
    My Photo BLOG so beautiful world
    My Interest kazz on the net

<< 一周年おめでとう! もうすぐ自転車に乗り始めて1年 >>