寸又峡へ!   

11月15日(土)
2人の遊びたがりな自転車友達と寸又峡へ向けて出発しました。
この日は自転車遊びのために購入した車の納車日。
朝から、荷物をすべて準備して、車の到着を待ちました。
そしてやってきた我がトランスポーターHonda AirWave。
低床設計の荷室は高さも広さも十分。
ETC、カーナビ、オートエアコン装備と十分な装備で1500cc VTECエンジンは燃費もいい。
僕の使い方にぴったりな車。
d0010496_11522868.jpg
d0010496_11525232.jpg

後の座席の片方を倒すと、フロントホイールを外して、3台のロードバイクがすっぽり収まって、3人がゆったり乗れる。
バイクをぴったり寄せて積むので、フレームに傷がつかないように気をつけないといけないんですが、ちょっと手を抜いてしまいCINELLIのフレームにガリっとやってしまいました。
次からはフレームカバーを作って対応しようと思います。

車を受け取ってすぐに荷物を積み、横浜新道・第三京浜を飛ばしてMさんをピックアップしに駒沢通り沿いの某所へ。
さすがに1500ccという小排気量なのでスピードは出ませんが、滑らかに走るので気分がいい。
どうせトランスポーターだから、スピードなんてどうでもいい。

11時頃にMさんとMさんのTREKを載せ、Tさんをピックアップしに伊東へ向かう。
途中、Mさんお気に入りの魚料理のお店に寄って、刺身定食をいただく。
この日捕れたばかりの刺身は絶品でした。
d0010496_1205286.jpg


ほぼ予定通りに17時頃にTさんをピックアップし、修善寺を経由して沼津ICから東名高速に乗って牧之原へ。
夜はsano-yさんに教えてもらった牧之原公園で野営。
夜景がキレイだと聞いていましたが、着いてみるとホントにキレイだった。
d0010496_1242070.jpg


3人は公園のベンチのそばにレジャーシートを敷いて、晩ご飯の準備に取りかかる。
夜景よりもメシ!
そんな感じ。

シュラフに脚を入れていれば寒くない程度の気温。
まずはおでんで乾杯!
d0010496_1261590.jpg
d0010496_1263640.jpg

次に焼き肉!
豚、鳥、牛、野菜を焼きながら、ビールとおしゃべり。
もうこの頃になると夜景なんて見てないです。
d0010496_1275828.jpg


普段から過酷なライドをしたり、自然と向き合って過ごしているせいなのか、我慢強いんでしょうね。
自転車乗りのみんなはタフで付き合いやすいです。
どん欲に楽しみを求める姿勢もいいです。
ワイルドかつダイナミックで良識もある。

風邪をひいたばかりということだったので、Tさんには後席をぜんぶ倒して車の中で寝てもらう。
雨が少し降ってきたので、公園の屋根がある場所に移動し、Mさんと僕はシュラフにくるまって地べたに寝る。
登山が好きなMさん、どこでも眠れる僕。
野宿なんて余裕です。

11月16日(日)
朝起きてすぐに、朝ご飯の仕度を始める。
ハムエッグとスープとコーヒー。
にわか仕込みのキャンプ道具しか持っていないので、多少の不便はあるけれど、工夫しながらいろいろやってみるのが楽しい。
d0010496_12181144.jpg


この日は生憎の雨模様。
金谷から寸又峡までのライドはあきらめて、とりあえず家山駅まで車で移動してSLを見ることに。
雨は小降りだったので、家山駅の駐車場に車を入れて、自転車を下ろしサイクルウェアに着替えて、走る準備をする。
駅の時刻表を見ると、すぐにSLが来ることがわかったので、自転車を線路脇に停めてSLが来るのを待ち構える。

遠くからモクモクと煙を吐きながらやってきたSL。
何度見ても、その力強い姿は感動します。
乗客のみなさんも楽しそうでした。
d0010496_12215551.jpg


事前にSLの時刻表を調べておいたので、ここから千頭駅までの間に、何度かSLを見るチャンスがありそうだと思って、小雨の中を漕ぎ出す。
少し走ると吊り橋があったので、自転車を牽いて吊り橋を渡ってみました。
d0010496_1224973.jpg

あまりこんなことをする人はいないようで、他の観光客の人に携帯で写真を撮られたり、話しかけられたりしました。
自転車に乗って渡ってみようと思いましたが、揺れる吊り橋の上でバランスを保つことはできそうになかったので諦めました。

吊り橋を渡って戻ってくると、遠くからSLが近づいてくるのが見えました。
これと並走したいなぁ。
今度、誰かに写真や動画を撮ってもらいながら、このSLと一緒に走る絵を撮りたいと思います。
d0010496_12283362.jpg


この後、寸又峡に向けて走り出したものの、雨脚が強くなってきたので車のところに引き返しました。
僕以外の2人はレインウェアを着ていましたが、それでも下半身はずぶ濡れになるし、山の上の方は寒いし、何より落ち葉が滑って危険。
こんなときは無理をしないのが一番。

家山駅に戻り、水道の水を使わせてもらって、自転車の泥を落とし車に積み込む。
お昼を回ってお腹も空いてきたので、車で寸又峡に向かう途中でお昼ご飯。
カツ丼の大盛りを注文してガツガツ食べる。
d0010496_1233315.jpg


AirWaveに装着されている純正カーナービは迷走癖があるようです。
試しにナビの指示通りに走ってみると、狭い山道を走らされた挙げ句に通行止め。
でも、そんなのも楽しいかな。
時間に追われて焦ってるわけじゃないので、そんなハプニングも楽しみだと思える。

寸又峡へ向かう道は、ところどころで交通規制がされていて片側1車線通行。
観光の名所だけあって、車も多いので、長い時間待たされて、寸又峡までのわずかな距離でも時間がかかる。

寸又峡に到着し、一番奥の駐車場に車を入れ、徒歩で「夢の吊り橋」へ。
ここはホントにキレイ!
これで天気が良ければ、青空+エメラルドグリーンの水+色鮮やかな紅葉という写真が撮れたはず。
ちょっと残念でした。
d0010496_1239054.jpg


吊り橋を渡って戻ってきたころには日も落ちてきました。
梅が島温泉に寄って帰る予定でしたが、帰宅時間が遅くなりそうだったので、温泉は諦めることにし、ナビにガイドしてもらって静岡市街を経由して清水ICから東名に乗る。
静岡でガソリンを入れましたが、自転車の気遣ってあまり飛ばさなかったとは言え、人と荷物を満載した状態で高速、渋滞路、山道を含む燃費は14km/Lちょっと。
燃費がいいですねぇ。
高速だけだと20km/L近く走るようです。
何人かで出かければ、遠征費用も大してかからない。
これなら、ちょくちょく出かけようという気になりますね。

Tさんを送る途中で、修善寺の近くにあるTさんオススメのケーキ&ピザのお店に寄る。
庭には花がたくさん咲いていて雰囲気のいいお店でした。
d0010496_12453781.jpg

ここではカルボナーラを大盛りで注文。
d0010496_12473488.jpg

この後、すぐにお腹が空いてしまったので、Mさんを送る途中に、マクドナルドのドライブスルーでビックマックのバリューセットを買って食べながら走りました。

結局、自転車で走ったのは20kmほど。
計画通りではなかったものの、キャンプもおしゃべりも楽しかったし、キレイな景色もSLも見られた充実した2日間でした。

また、行くぞ!
[PR]

by kazz12211 | 2008-11-17 12:49 | 自転車

Link:
    My Photo BLOG so beautiful world
    My Interest kazz on the net

<< 200マイルチャレンジは中断 まさかり担いだ暴れん坊 >>