柳沢峠   

月に1度か2度はロングライドをしたい。

今回は柳沢峠、笹子峠、道志、ヤビツ峠と峠をつなぐロングツーリングをしてみました。

朝3時20分に自宅を出発し、国道16号線で八王子→滝川街道→吉野街道→青梅街道と走り、奥多摩湖へ。
気温は7度。
日が射さなくて北風が強かったので、体感温度はもっと低い感じがしました。
この時点で、着て行ったウェアが失敗だったことに気づきましたが、後戻りはできません。

今日のウェアは、ノースリーブの吸湿性の高いメッシュのインナー、ユニクロのヒートテックインナー、ノースリーブのウォンドブレーカー、ASSOSの長袖ジャージ(秋冬用)というものでしたが、防寒性がほとんどないので今日の気温だと寒い。
ビッショリに濡れたトレーナーを来て、真冬に外に立ってるみたいなもんです。
上に羽織るウォンドブレーカーも持っていましたが、気温が低いので寒さを防ぐことはできません。

奥多摩湖周辺は紅葉がキレイでした。
そんな景色を眺めながら柳沢峠へ。
d0010496_2302459.jpg


この峠はなかなか侮れません。
勾配自体は特別急だとは思えませんが、ダラダラと長い時間上らないといけない。
おまけに頂上付近は気温3度で、チラチラと雪が落ちてくる始末。
手足の指先が冷たくて痛いし、頭も冷えて頭痛がしてくるほど。
普通はペダルを回しているときは寒くないもんですが、それでも体の芯までジンジンする寒さ。
参りました。

途中、1回写真を撮る為に休憩して、なんとか頂上へ。
この時点で自宅から125kmほど。
だいぶ疲れを感じました。
d0010496_2352918.jpg

晴れていれば富士山が見えますが、今日は生憎の天気なので見えず。
紅葉も頂上付近はすでに終わっていました。

寒さに耐えきれずドライブインみたいなところに入る。
ストーブがあったので、汗で濡れたウェアを乾かしながら、うどんと味噌おでんを食べて体も温める。
d0010496_2392184.jpg

ここからあと160kmほど走る予定だったので急いで出発したいところでしたが、ビッショリ濡れたウェアを着て坂を下るのはイヤだったので、ウェアが完全に乾くまで、ここで時間を潰しました。

ウェアが乾くと一気に塩山まで下る。
怖い程スピードが出る下りでしたが、先のことを考えたらできるだけ時間を稼ぎたいと思って飛ばしました。

塩山から勝沼に出て国道20号線を大月方面に向かい、笹子峠の手前でもう一度腹ごしらえ。
土地の人が経営している定食屋さんで、アジフライ定食を食べましたが、おかずもご飯も盛りが良くて安い。
大満足でした。

笹子峠は旧甲州街道の峠道。
なかなか風情もあり景色も抜群。
距離が短いのでそんなにキツくはありませんが、それなりに上り応えはあります。
d0010496_23173538.jpg

d0010496_2318150.jpg


笹子峠の下りも猛烈に寒かったです。
柳沢峠の下りといい勝負。
寒いからスピードも出したくないし、落ち葉がたくさんあって危なくて飛ばせない。
ここでも時間を稼げませんでした。
d0010496_23192880.jpg


笹子峠を下って大月から都留へ。
そして道志みちへ。
都留から道志までの峠も、ダラダラ上っていて疲れます。
本日3本目の峠でかなり体力を消耗。
さらにコンタクトレンズが外れてしまい、真っ暗な道を片目で走る羽目に。
しかも道志の下りも猛烈に寒い。
しばらくトンネルの中でブルブル震えながら休憩しましたが、思い切って走り出すと1軒だけ開いている定食屋さんがあり、迷わず飛び込みました。
ここにも大きなストーブがあったので、ウェアを乾かしながら、鴨南蛮うどんを食べて温まる。

こんな調子なので、頑張って走っているわりには、距離が伸びずに時間ばかりが過ぎて行く。

当初はここから宮が瀬に抜けて、ヤビツ峠を越えて帰宅する予定でしたが、片目で真っ暗なヤビツの道を走るのは危険だと思い、ルートを変更して相模湖から厚木へ抜けることに。
その後、厚木で少し道を間違えたりしながら、マッタリ走って21:00頃に帰宅。

走行距離は280km、アベレージは23.6km/hでした。
遅いね。
[PR]

by kazz12211 | 2008-11-11 23:28 | 自転車

Link:
    My Photo BLOG so beautiful world
    My Interest kazz on the net

<< お気に入りのチェーンルーブ 今日は買い物、明日はロングライド >>