Japan Cupロードレース 2008   

25日(土)に湘南の暴れん坊ことCINELLIを車に積んで、自転車仲間を一人ピックアップし、26日のレース本番を控えて行われる一般参加のレースとオープニングイベントを観ようと宇都宮へ向かいました。

うちのRX-7でも、なんとか2人2台での移動はできますが、フレームを横にして重ねるので、フレームに傷が付くのが心配。
なるべく丁寧な運転を心がけます。
d0010496_11125988.jpg

会場近くの駐車場に車を置いて、自転車でレース会場の下見に。
ちょうど一般参加のレース終盤で、最後の選手が通り過ぎるのを待って、レースコースを走りました。

遅めのお昼は宇都宮市内のカフェテリア・ライオンでオムレツ(フルーツデザート付き)。
分厚い卵が美味かった。
d0010496_11165318.jpg
d0010496_1117448.jpg


お腹が落ち着いたところでオープニングイベントの会場へ。
元F1ドライバーで登山家でありサイクリストでもある片山右京氏とツールド・フランスにも参戦して経験のある今中大介氏のトークショーや参加チームのプレゼンテーションを観ました。
d0010496_11222214.jpg
d0010496_1123857.jpg
d0010496_11231875.jpg


オープニングイベントが終わってからは、近くのスーパーで食材を買い出しして、鬼怒川河川敷にある公園で野営。
キムチ鍋や焼き肉を食べながらワインを飲んで仲間とおしゃべり。
早めに就寝して翌日のレースに備える。

26日は朝早くレース会場近くの駐車場で自転車に乗り換え会場へ。
スタート間際のワクワクした雰囲気の中、メーカーの展示ブースを覗いたり、観戦ポイントについて相談したり。

森林公園周辺道路を交通規制して作られたレースコースは、アップダウンもワインディングもあるなかなか素晴らしいコース。
その一部を走ってみましたが、レースを観ながら、プロのスピードの速さにビックリしっぱなし。
やっぱりプロの選手って凄いなぁと思う。

スタート直前、選手たちがウォームアップを兼ねて、コースを行ったり来たり。
ヨーロッパの選手たちはリラックしてましたね。
d0010496_11302877.jpg

一流のプロ選手を間近で観られるというのは、なんとも幸せな気分です。
僕らのような素人でも、買おうと思えば買えそうな自転車。
でも、走りは別ものですねぇ。
スゴかった。

まずは、このスタート直後の上り。
急勾配というほどではないにしても、この上りを凄いスピードで駆け上がって行くのを観て、思わず「速えぇ〜〜〜〜!」って言っちゃいました。
d0010496_1132401.jpg


この後、コース中最も勾配のあるポイントに移動して観戦。
グイグイと力強く登って行く選手たち。
選手が通過した後で、僕も走ってみましたが、ゆっくり登れば平気な坂でも、あのスピードで登るのは無理って思いました。

平坦路も下りも集団で走り抜けて行く様子は思わずカッコいい!って言いたくなるほど。
トップ争いをする最後の2周以外なんて、平坦路や下りは休んでいるんだと思うくらいゆったりと走ってるんでしょうが、それでも速い。
d0010496_11371366.jpg
d0010496_1137239.jpg


そして極めつけは、最後の2周。
集団から抜け出したトップ数人が繰り広げるバトル。
明らかにさっきまでとはスピードが違う。
ゴール直前のスプリントも見物でした。
これ、少し上りなんですけど、凄いスピードでした。
d0010496_11391281.jpg


結果はイタリアのプロチームのランプレのクネゴ選手が優勝。
今回、復帰初戦のリクイガスのバッソが3位。
表彰台の3人は全員イタリア人でした。
d0010496_11423679.jpg


日本の選手も頑張っていました。
序盤は集団を抜け出した3人の選手がリードしていましたが、後半に集団に飲み込まれて順位を下げる。
まだまだヨーロッパの壁は厚いんでしょうけど、これからどんどん日本の選手も育っていくでしょう。
今後に期待したいと思います。

自転車のレース。
面白いです。
カッコいいです。



レースの様子は動画をチェック!

[PR]

by kazz12211 | 2008-10-27 11:43 | 自転車

Link:
    My Photo BLOG so beautiful world
    My Interest kazz on the net

<< PINARELLOが直った! 懐かしい曲 >>