PINARELLOの修理   

修理というよりは、これはほとんど通常のメンテナンスですね。

BB(ボトムブラケット=クランクの回転軸を受ける部分)辺りから、強くペダルを踏むと異音が聞こえてきたので、PINARELLOを買った逗子のヒラコサイクルに持って行って、増し締めやらグリスアップやらをしたんですが、症状が収まらなかった。
原因はたぶんBBだろうということと、4000km走ってチェーンの交換時期を過ぎているので、チェーンも怪しいということで、BBとチェーンを取り寄せてもらい、今日その交換をしに行きました。

昨日まで、毎日のように食べまくっていたので、今日は少し自重して、朝からずっと食べるのを我慢。
でも、空腹をこらえきれず、逗子駅の近くの昔からやってる中華屋さんに飛び込んで、五目ソバを大盛りにして食べました。

これがなかなか美味い。
このお店、いいかもしれません。
d0010496_1744680.jpg


ヒラコサイクルに着くと、店長さんが速攻でBBを交換してくれて、近所を試走。
でも、きしむような音が収まらない。
次にチェーンを換えて再び試走。
それでもダメ。

耳を澄ませて、よ〜〜〜〜く音を聞いてみると、リアのスプロケット辺りから音が聞こえるような気がしたので、それを店長さんに伝えると、同じ種類のカセット(後ろのギア)を着けたホイールを出してくれたので、それを自転車に取り付けて試走。

音が消えた。

ということで、リアのカセットを取り替えて、原因の特定をすることに。

カセットを外してみると、まあ、見事にリアのハブがガタガタ。
カセットのギアが食い込んだような跡がたくさんある。
たぶんハブだろうということになったけれど、ハブはすぐに交換できないので、とりあえずカセットを新品に換えて試走。

音が出る。

ということで、原因はハブだということになって、メーカーに電話してもらいました。
新品のホイールに交換してくれるそうです。

ラッキー!

交換したBBは元に戻してお返ししたので、今日のところはチェーン代金のみ支払っておしまい。

あ、以前から欲しかったサイコンやライトの取り付けステーを買って着けました。
安いやつです。
ホントはCINELLIのカーボン製のが欲しかったけど、意外と地味なパーツなのでこれでもOK。
きっとすぐに付け根の部分が折れるんだろうなぁ。
d0010496_17524946.jpg

スピードを出したときって、目線をあまり下に向けたくないので、この位置にサイコンがあった方が走り易いし、安全です。
こんな安い小さなパーツでも安全運転の役に立つと思います。
[PR]

by kazz12211 | 2008-10-22 17:54 | 自転車

Link:
    My Photo BLOG so beautiful world
    My Interest kazz on the net

<< お昼ご飯はフレンチ 呑んで、ちょっと寝て、東京の下町へ >>