久々に   

中身の濃い話をしたような気がしました。

昨日は一種の就職活動で横浜に行きました。
僕が好きな領域の技術の話をたくさんできたような気がします。
今までいた会社では、あまり技術的なテーマを持って仕事をしていなかったような気がするので、昨日のような会話ができるとなんだかスッキリします。

折角横浜まで行くので、物欲を刺激する場所に行きましたよ。
楽器屋!

自宅にあるヤマハの古いアンプがイマイチいい音が鳴らないので、アンプを見に行きました。
仕事をしていると昼間は練習できないし、夜も音は出せないので、大きなアンプは不要。
15W~30Wくらいのコンパクトなのが欲しい。

目に留まったのは次のもの。

まずはMarshall。
上のが30Wのモデルで25000円、下のが15Wのモデルで16000円くらい。
どんな音が出るのかわからないので、これがいいのかどうかわからないけれど、手頃な値段だと思います。
d0010496_11351542.jpg


次にCrate。
こちらはオーバードライブが付いていないので、アコースティック用のアンプです。
これは人気がある充電式のアンプで、ストリートライブをやるときに重宝します。
マイク入力もあるので、野外でボーカルとギターで渋いジャズを演奏するなんていうときはいいかも。
キャリングバッグが付いてますが、持ち歩くのは疲れそう。
自宅ではこのメーカーの別のアンプを使っていますが、ちょっと音が気に入らないので、これも試してみたいです。
d0010496_11374199.jpg


アンプではないけれど、必需品。
エフェクター。
一番上のは比較的新しいローランドの製品。
マルチエフェクターなので、これ一台でライブなんかだと間に合っちゃう。
2番目と3番目はLINE6のPODという定番エフェクター。
最近はアンプモデリングと行って、いろいろなアンプをシュミレーションすることができるようになっています。FenderのアンプでクリアなサウンドとかMarshallでオーバードライブを掛けたサウンド、みたいなのをエフェクターが作ってくれます。
LINE6はその先駆者。
d0010496_11412477.jpg

d0010496_114138100.jpg

d0010496_11415311.jpg


写真はありませんが、会社の同僚が欲しいと言ってたRolandのAC60というアコースティックアンプ。
店に置いてあったので試してみました。
ステレオ方式でコーラスがキレイにかかって、いい音が出て良かったですが、ちょっと高め。
取りあえず家にアンプがあるから、これはちょっと手を出さないでおこうと思いますが。

一通りめぼしいものを見てから書籍・楽譜コーナーへ。
エレキギターの練習の本やDVDを見る。
ブランクが長かったせいで、このコーナーも隔世の感がありますねぇ。
昔は、バンドのコピーをやろうと思うと、テープを繰り返し聴いて耳でコピーしなくちゃいけなかったけれど、最近は主要なバンドの曲はスコアが売ってます。
自分の耳でコピーすることは大事なことだと思うので、今の時代の人が幸せだとは思いませんが、楽であることは確か。
そして教則本はどんどんDVD化してます。
これはいい事だと思う。
いくつか良さそうなのがあったけれど、こっちはドカっとマトメ買いしたいので、買わずに我慢しました。

ギター本体と比べると、この辺は買いやすい値段なので、うっかり買っちゃいそうでヤバイです。
物欲の神様をなだめて店を出ました。

店を出てから、まだ少し時間があったので、マクドナルドで軽く腹ごしらえ。
昨日は控えめに、フィレオフィッシュで我慢しました。
(普段はビッグマック)
d0010496_1156264.jpg

このフィレオフィッシュ。
パンが柔らかいので、無理やり押し込めば一口で食べられてしまいそうな感じ。
なんだか、これだけ食べると、余計にお腹が空く感じがして失敗したかも。
全席禁煙だったのもマイナス。
コーヒーを飲んだらタバコは欠かせないですから。

約束の時間がきて人と会う。
堅苦しいミーティングじゃないので、行きつけの店でビールを飲みながらっていう感じ。
d0010496_115936.jpg

この半パイントくらいのグラスでいったい何杯飲んだんだろう?
ずっと飲みっぱなしだったような気がします。
帰りはちょっと気持悪かった。
[PR]

by kazz12211 | 2007-04-19 12:00 | 音楽・映画

Link:
    My Photo BLOG so beautiful world
    My Interest kazz on the net

<< 箱根は寒かった! 今日はつまんない >>