湖三昧のはずが計画倒れ   

前日に思いついた計画がもともといい加減だったので仕方ないんですが・・・

世間は3連休。
土曜日は家でボーッと過ごしちゃったので、日曜日は少し遠くに出かけようと計画。

清里・野辺山から松原湖〜麦草峠〜蓼科湖〜白樺湖〜霧ヶ峰〜諏訪湖、そして帰りに本栖湖〜精進湖〜西湖〜河口湖〜山中湖と湖三昧のツーリング。
ついでだからと、行きはまだ走ったことがないところを走ってみようと、箱根1号線〜長尾峠〜御殿場〜小川町〜明神峠・三国峠〜山中湖〜御坂峠〜甲府というルートに決めました。

このついでが良くなかった。

地図で調べると総走行距離が550kmで登坂標高が6000mほどありそう。
そもそもこんなのは無理なんだけど、まあ、行ける所まで行ってみようと。


7月20日(日)の朝5時の出発。
前日は変な時間に電話やメールがあって、結局眠れたのが2時。
4時に鳴った目覚ましのアラームでかろうじて目を覚まし、急いで仕度をして出発。

この寝不足が後でたたります。

家を出てすぐにパワーチャージ。
最近はもっぱらコレ!
コカコーラ。
とりあえずお腹がふくれるし、カロリーも高いし、安上がりな感じ。
d0010496_064415.jpg


湘南の海を見ながらのんびりと箱根へ。
今回のルートだと、箱根1号線は宮の下までなので気楽に上って行く。
でも、宮の下を仙石原の方に向かう道ってダラダラと上り基調。
かったるいです。
車に追い越されるのが怖いので、乙女峠のトンネルはパスして長尾峠を越える。
晴れてればここからの眺めはなかなかのものなんだけど、霧で何も見えない。
小雨が降っていて身体もびっしょりになって寒い。
d0010496_011250.jpg


長尾峠を上り切ったところにある峠の茶屋の前で一服する。(まだ茶屋は空いてなかった)
トンネルの先も霧で何も見えない。
d0010496_0123540.jpg


御殿場方面への下りは、路面があまり良くないし、雨でスリッピーなので、ゆっくりと走る。
できれば下りは時間を短縮するための区間なので目一杯飛ばして行きたいところだけれど、長い旅では安全第一&大事な休憩時間と思ってのんびりと余裕を持って下る。

御殿場から小川町まではずっと下り。
だいぶ下る感じ。
どうせまた上ると思うと、下るのがもったいない気がする。

補給をしようと小川町のコンビニに寄ると2人の外国人ライダーがいる。
三国峠に行くというので道を教えてあげる。
ちゃんと行けたかな?

明神峠・三国峠を越えるのはとにかく大変。
たぶん今まで走った坂道ではここが一番キツい。
上り始めるといきなり12%勾配で、ほとんどまっすぐに上り続ける。
そうこうするうちに一番軽いギアでもダンシングしないと進めないほどの勾配になって18%の看板が見える。
たぶん僕には足を着かないで上がるのが精一杯じゃないかな。
写真は18%勾配の地点。
d0010496_0205594.jpg
d0010496_021138.jpg

上の写真は富士スピードウェイを見下ろした図。
カメラ(Ricoh CX1)に水準器がついてるので、完全に水平になるように撮影しています。
勾配のキツいのがわかるかな?

この後、少し勾配がゆるくなってきたけれど、それでも16%の表示。
最終的には13%ぐらいまで勾配がゆるくなって、一旦平坦になったあたりが明神峠の頂上で、その後また上って三国峠。
明神峠の頂上までは、休む所がまったくないので、とにかく我慢して上るしかない。
坂好きの人は行ってみてください。
僕はもういいや。
一番軽いギアで上ったにもかかわらず、箱根旧道をフロントアウターのみで上るよりキツかったです。

三国峠の下りは気持ちがいい。
山中湖と富士山の眺めも抜群。
d0010496_0272236.jpg

この景色は見たいけれどキツい坂は嫌いという人は、山中湖側から上るといいです。

お昼は山中湖畔で。
比較的量が多めで辛口のシーフードカレー。
これは美味かった!
d0010496_034317.jpg


ここまで家を出てから7時間近く経過。
距離はまだ100km。
100kmを走るのにこんなに時間がかかったのは初めて。
しかも、この時点でヘトヘト。
三国峠の上りと寝不足がかなり影響してる。
思えば箱根の上りで汗をかいて、雨に濡れて下りで冷えきって、三国峠の上りは日が照って暑くて、下りでまた冷えて。
そんなことの繰り返しだから、体力の消耗も速いんでしょう。

さて、ここからが本番。
本番前にヘロヘロになったけど、ここからが本番。

河口湖から御坂峠を越えて甲府へ。
初めて通った御坂峠。
なかなか風情があっていい。
頂上にある峠の茶屋も雰囲気がいい。
d0010496_041436.jpg

ここからも富士山がよく見える。
d0010496_042099.jpg


先はまだまだ長いので、休憩はほどほどにして、一気に甲府まで下り国道20号線へ。
韮崎の手前で夕立にあったけれど、どうせ汗でびっしょりなので気にせずに漕ぐ。
韮崎から141号線で清里を経由して松原湖までは50kmちょっと。
d0010496_0464116.jpg

JR駅最高地点の野辺山を通るこの道。
ず〜〜〜〜っとダラダラと上って行く。
だんだん暗く寒くなってくる。
d0010496_0493087.jpg


お腹が空いてきたので清里駅の少し手前にあった定食屋さんに飛び込み、チャーハンと鶏肉&ピーマンの炒めものを注文する。
d0010496_051847.jpg


ここでこれからの行程について悩む。
順調に行っても松原湖に到着するのが21:00頃。
清里の手前で気温が20度を切ったから、麦草峠の頂上に着くころは深夜0時頃で気温は10度を切るかもしれない。
しかもこの時点ですでに疲れてる。

諦めて引き返すことにしました!
もう無理。
根性無しって言われるかもしれないけど、もう無理。

下りは寒さを我慢できなかったので近くのコンビニでカッパを買い一気に韮崎まで下る。
写真はコンビニの前でウロウロしてクワガタ。
d0010496_054794.jpg


韮崎からは国道52号線を南下して、下部温泉のあたりから本栖湖へ向かうつもりでしたが、この時点でクタクタだったので、沼津まで南下して箱根から帰ることにしました。
52号線を走ってると、勢いよく僕を追い抜いて行ったロード乗りさんがいたので、しばらく後ろをついていく。
信号で止まって自転車を見るとCOLNAGO Master。
声をかけると地元の人だと言う。
しばらくおしゃべりしながら走って一緒にコンビニで休憩。
本栖湖へ上がるのはキツいけど、精進湖へ上がるならそれほど大変でもないんじゃなかなと言う。
COLNAGO乗りの彼がわかりやすいところまで案内してくれるというので、お言葉に甘えて精進湖に上る道の入り口までついていく。

車も通らない真っ暗な川沿いの道(県道36号)を二人でおしゃべりしながら走る。
微妙にダラダラ上っている道なのでかったるい。
精進湖に上る道(国道358号)の入り口でお礼を言って別れ、近くにあった自動販売機でボトルの水を補給する。
この時点でもう疲労はピーク。
コカコーラを飲んでパワーチャージしてから、しばらく座り込んで力が出てくるのを待つ。

空を見上げると満点の星空。
星を見ながらゆっくりと精進湖を目指す。
疲れててゆっくり走るしかなかったんだけど。
ちょっとわかりにくいけど星の写真。
d0010496_112029.jpg


精進湖に着いた頃には寒さを我慢できなくなり、もう一度カッパを着て西湖に向かう。
お尻が痛くなってきたので、人気がないところでお尻にオロナインを塗る。
昼間でも車が少ない湖北ビューラインは深夜になるとまったくと言っていいくらい車が通らないので、道路の真ん中でもレーパンを下げてオロナインを塗ってもOKだったかも。

河口湖では富士山がうっすら見え、細い月がキレイだった。
d0010496_1191736.jpg
d0010496_1194024.jpg


清里で晩ご飯を食べてからは、ひどい夏バテのような状態で、固形物が喉を通らなくなった。
胃が疲れて痙攣し辛い。
伊勢に行ったときも400km近く走った時点から、お尻が痛くなり胃が苦しくなったけれど、それと同じ症状。

それでもお腹は空くわけで、ファミレスに飛び込んで量が少ない雑炊を注文して食べる。
冷えきった身体に温かい食べ物。
ホっとしたと思ったら、いつも間にか眠ってました。
1時間ちょっと寝たかな。
d0010496_126946.jpg


目が覚めたときは辺りは明るくなり、気温も上がり始めてきた。
走り始めると汗がたくさん出てくる。
雪もほとんどなくなった真っ黒な富士山を見ると余計に暑く感じる。
d0010496_128060.jpg


お尻が痛くてサドルに座れないので河口湖からずっとダンシング。
山中湖あたりでさんざん悩んで、箱根越えをやめて道志から帰るルートを選ぶ。
まだ家まで残り100kmもあるので、なるべく下り区間の多いルートの方が楽だと思ったから、少し遠回りでも道志経由の方がいいと思った。

山中湖から山伏峠を越えればしばらくは下り。
腰を浮かしたまま下るのでスピードを出しすぎないように注意しながら走る。
宮が瀬の手前で少し上りがあるものの、宮が瀬まで行ってしまえば伊勢原まではほとんど下り。
国道246号に出た頃からは、感覚が麻痺してきてお尻の痛みを我慢できるようになったので、サドルに座って漕ぐ。

結局家に着いたのは自宅を出て32時間後の13:00。
トータル403kmの苦しいツーリングでした。

今回は走ったことがない道をなるべく通るようにしてみましたが、それが災いして疲れを溜めてしまったし、予定していた時間を大幅に超えてしまった。
とても走り切れる行程ではないとは思っていましたが、予想をはるかに超えていた。

伊勢に行ったときも、京都に行ったときも、お尻の痛みに悩まされて予定の行程を予定した時間で走れなかった。
サドルに問題があるのか、ウェアに問題があるのか、僕自身に問題があるのか、まだよくわからない。
これはなんとしてでも解決したい。

今回のルートと標高図です。
標高図をもとに上り区間の獲得標高を計算すると4000mちょっと。
今の僕にはこれが精一杯です。
d0010496_1411345.jpg
d0010496_1412853.jpg

[PR]

by kazz12211 | 2009-07-21 02:03 | 自転車

Link:
    My Photo BLOG so beautiful world
    My Interest kazz on the net

<< 「湘南を食べ尽くそう!」第1回オフ会 充実のショートツーリング >>